イケアに見る北欧デザイン

subpage1

イケアといえば、北欧デザインが売りの、今大人気のスウェーデン発祥の家具、雑貨ブランド店です。

大型店舗が特徴で日本には現在、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、兵庫県、大阪府、福岡県、宮城県の8店舗が展開されています。

そのため、買い物に行きたくても、住んでいる地域によっては移動に数時間かかり、一日がかりになってしまうことも。
それでも、買い物する価値があるお店として知られているのがイケアです。
イケアに代表される、北欧デザインにはどのような特徴があるのでしょうか。


一言でいえば、シンプルでナチュラルです。寒さ厳しい北欧の国々では、どうしても、屋内で過ごす時間が多くなります。

そのため、家族みんなが長時間寛げる、シンプルなデザインが好まれ、発展してきたと言われています。

また、アクセントに明るく、楽しい色を取り入れているのもいいですね。



寒い冬にも負けないよう、木のぬくもりを家具にふんだんに取り入れます。

ナチュラル感を醸し出すために、床などは白やブラウンを基調にすることが多いです。



ローソファーや丸みのあるテーブルが好まれるのも特徴です。そんな部屋には温かみのある、ランプが映えます。
また、グリーンを室内に置くことで、より寛げる部屋が演出されています。



もうひとつの特徴として、カラフルで大胆なデザインのファブリックを部屋にうまく配置することも挙げられます。

イケアにもたくさんの楽しく、気分が明るくなるような商品が展開されています。